調理師課程のある学生のための就活サイト

お問い合わせ受付時間:平日 9:30~19:00

知ってトクする豆知識〜世界の食事マナー日本編part1〜

食事のマナーは、その国の文化や風習が元となっているので、それぞれ違いますよね?

しかし、美味しく食事をすること・食材への感謝・食事を共にする相手への気持ちや思いやりがかたちになったものという点では同じです。
日本でいうと、食事の前後に行う「いただきます」「ごちそうさま」も日本独自の食事マナーの1つです。

そこで今回は知ってトクする豆知識として、
日本での食事マナーのお話をしていきます。
食に関わる者として押さえておいてトクしかない内容ですので要チェックです!

〜食べ方のマナー集〜

皆さまはごはんを食べる際に、料理の食べる順番があるのはご存知でしょうか?
日本は作法・マナーを重んじる文化ですので、日本人なのにこんなことも知らないのか…
なんて恥をかかないように、
食べ方のマナーを覚えておきましょう!

■味が薄いものから食べる
素材そのものの味を楽しむためのマナーです。
海外でいきなり味の濃いメイン料理やパスタ料理を食べないで前菜から食べるように
日本でも味が薄いものから味わっていきます。

■手皿はNG!
お箸で持った料理の汁が垂れそうになり、
思わず手で汁を受け止めたり、口へ料理を運ぶときに手を下に添えた経験はありませんか?

実はこれ…NGなんです!
そういった状況になった場合は器ごと、または小皿などでフォローしましょう。

■食べ終わったお椀のフタはどうする?


飲食店へ行くとお吸い物やお味噌汁など、フタ付きのお椀が出てきて、食べおわった後のフタはどうしたら正解なのか?
元通りにお椀にフタをする、お椀を逆さにしてフタをする、フタをお椀の横に置くなど答えはいろいろ考えられますね。

正解は「元通りにお椀にフタをする」です。

食べ終えたかどうかわからない、と思ってフタを逆さ・斜めにする行為は、お椀やフタに傷がついてしまいますのでNGです。
そうした点から、元の位置に戻すことがマナーとされています。

きらい箸~お箸のマナーNG行為集~

日常的に使用するお箸。
あなたは正しく使いこなせていますか?
使い方1つで相手に美しい印象をもたせられますし、逆に箸使いが悪いと相手に不快な印象も与えてしまいます。
なので箸の使い方は、日本のテーブルマナーでは必ず押さえるべきポイントといえます。

■箸渡し
箸と箸で食べ物を渡すことをいいます。
元々、日本ではお葬式で火葬後の御遺骨を骨壺に納めるために、箸から箸へ順番に渡します。
この行為と同じ動作になるため、食事の席では失礼にあたりますので気をつけましょう。

■渡し箸・移り箸
箸渡しと似たような呼び方ですが、
こちらはまた別のお箸のNG行為を指します。
渡し箸とは、食事の途中にお皿や小鉢の上にお箸を横に置くことです。
お皿の上にお箸を横に置く行為は食事を終了しますという意味であったり、三途の川を連想してしまうから、など様々な理由があります。
万が一、食事中に箸を置く場合は、箸置きや折敷(おしきの)上に置きましょう。

■刺し箸
箸で食べ物を突き刺す行為のことをいいます。
里芋や玉こんにゃくなど挟むのに苦労する食材はついしてしまいがちですが、こちらも美しい作動ではありません。

■迷い箸
「どれを食べようかな」と考える際に、食べ物の上でお箸を迷ってあちらこちら動かしてしまうことをいいます。
動かす前に、次にとるものを考えましょう。

■涙箸
汁ものやタレなどをポタポタと落としながら食べることを涙箸といいます。
服や机が汚れてしまうのはもちろんスマートな食べ方とはいえません。
お椀や取り皿を持ち、汁物がこぼさないようにするか、お皿の上で汁を落としてから食べるようにしましょう。

■かき込み箸
器に直接、口をつけ箸でかき込む食べ方です。
急いで食べている時によく見る光景ですね。
しかし、見ている方からしたら、決して気持ちの良い食べ方ではありません。
落ち着いて、1口ずつ食べましょう。

■寄せ箸
自身の席から遠くにある小鉢などを、お箸で手前に寄せることをいいます。
器を自分の手元へ持ってくる際は、お箸を置いてから両手で持ちましょう。

■ちぎり箸
箸を片方ずつ持ち、食べ物を切る行為です。
固いものを切り分けるときや、大きいものを食べやすいサイズにする際に意外とよく見られるケースです。
しかし、見ている側としては良い印象は持たれないので、注意しましょう。

■こじ箸
お皿に盛られた料理から選り好みをし、料理を箸でかき回すことをいいます。
盛られている料理は、選り好みせず取りやすいところから取りましょう。

■すかし箸
骨の付いた魚の上側を食べた後、その状態のままで骨ごしに身をほぐす行為です。
焼き魚・煮魚を食べる時はよく起こりうる状況ですので、気をつけましょう。

以上が日本食のマナーの前半になります。

今回お話ししたものは、ごく一部ですので、
Part2として引き続きお話ししていきます。

和食は無形文化遺産に登録されている日本の誇れる文化でもあるので作法・マナーを正しく理解して、美味しく頂きたいですね。

他にも、食に関する特集をしていますので、
気になる方は是非チェックしてみてください!

また、ルーキーズでは面接対策も含め履歴書の書き方まで、あなたをサポートいたします!
あなたに合った就活方法や求人をご紹介・ご相談にのりますのでお気軽にご相談ください!

求人検索

特集

説明会開催のお知らせ

特集

説明会開催のお知らせ

求人検索