調理師課程のある学生のための就活サイト

お問い合わせ受付時間:平日 9:30~19:00

知ってトクする豆知識 〜日本の外食産業の歴史〜

日本の外食産業の始まり


諸説あるようですが、日本の外食産業のルーツは江戸時代と言われています。
ちなみに「外食産業」という言葉は日本初のファミリーレストランが開業され、
ここから本格的な飲食店の展開が始まった1 9 7 0 年から使われるようになったようです。

しかし、今のような飲食店がいきなり登場したわけではなく、
生の食材や調味料、調理済み食品を売り歩く商品を天秤棒にぶら下げて売り歩く振売りというものから、
加熱調理をした料理を提供する焼売(やきうり)・煮売(にうり)屋が始まりとされています。
そして、外食の文化が発展していく始まりとして、
江戸時代前期に浅草の茶屋(今でいうカフェにあたるもの)で、
茶飯や汁物、煮豆、お煮しめなど等をセットにした、定食のようなものを
「奈良茶飯」として売り始めたのが、飲食店という形態のきっかけとされています。

 

昔の日本人は何を食べていたの?


奈良茶飯が飲食店の始まりとして蕎麦屋など様々な業態の飲食店も増えました。
そして、江戸時代中期の頃には、地方から多くの職人たちが職を求めて江戸に流入してきたことにより、
人口がどんどん増え始めました。
その中で、働く職人たちはお腹が減ることを紛らわすために、
複数回に分けながら間食をするようになり、この需要に反応し誕生したのが、屋台です。
今でも食べられている握り寿司や天ぷら、ウナギなども初めは屋台で食べられていて、
今でいうファストフードのような立ち位置で広がっていきました。

ではここでは、和食の代表格である「握り寿司」についてお話ししましょう。


しかし、江戸前寿司と呼ばれる昔の握り寿司は、シャリがなんとおにぎりくらいの大きさで、
保存技術が低い当時、ネタは生ではなく、ヅケや酢で洗うなどの下ごしらえをしてあるものを使っていて、
今の寿司とは全く違うもの でした。
また、当時は今人気な「サー モン、ウニ、いくら」などは食べられることがなく、
今では寿司の定番とされているマグロに関しては脂身が多いという理由で低級のものとして扱われ、
中トロや大トロ部分は捨てられていたようです…。
その後、時代が経つにつれて冷凍技術などの技術が発達し、食べられるネタの幅も広がり、
今の握り寿司のかたちになっていきました。


食の多様性が広がる時代へ!


江戸時代から始まった外食の文化。
そこから明治時代の文明開化がきっかけで外国の文化も入ってきたことにより、
食文化もどんどん変わっていき、今では和食だけではなく
「イタリアン、フレンチ、中華」など幅広い食文化が日本にはあります。
昔は富裕層しかできなかった外食も、ファミリーレストランの普及などにより、
リーズナブルに外食を出来るようにもなりました。
さらに業態が増えるだけではなく、宅配サービスが始まり、自宅で手軽に飲食店の料理を楽しめる等、
昨今は食事方法においても発展しています。
また、低温調理や液体窒素を使った分子ガストロミーといった、昔では考えられなかった新しい調理法ができるなど、さらなる調理技術の進化・発展により、
日本の外食産業は今後もどんどん盛り上がっていくことでしょう!


そして、今後の飲食シーンを盛り上げていく新卒就活生の方々!
ルーキーズではあなたにあった就活方法や求人をご紹介・ご相談にのり、
あわせて履歴書の書き方から面接対策まで、完全サポートいたしますので、
お気軽にご相談ください!

就活相談・お問い合わせ先
0120-313-704

求人検索

特集

説明会開催のお知らせ

特集

説明会開催のお知らせ

求人検索