調理師課程のある学生のための就活サイト

お問い合わせ受付時間:平日 9:30~19:00

知ってトクする豆知識 〜スペイン料理の世界〜

日本には様々な国の食文化が取り入れられています。

就活生の皆様も、
『イタリアンをやりたい! 』『日本料理を勉強したい!』『将来はシェフになりたい!』など、
様々な業態に挑戦したい夢・目標などを持っている人は多いかと思います。
しかし、やりたいと思っている業態を深掘りしていくと、
知っていそうで意外と知らない事が多くあるものです…。

そこで今回は
知ってトクする豆知識として、「スペイン料理の世界」のお話をしていきます!

 

スペイン料理とは?


スペイン料理は所謂、地中海料理に分類されます。
イベリア半島に位置し、その多くが海に面している地理環境なので、
自然と海の幸はスペイン料理の柱となりました。

また、多様な地形が特徴的なスペインの地域は、山脈、青々と茂った牧草地、 肥沃な農地、
広大な海岸線などに恵まれ、結果、様々な新鮮な製品を生み出すようになりました。
例として、高い山で保存加工されるスペインの有名なハム、 広大な土地に不規則に広がったブドウ畑や
オリーブ畑、 国中に豊かに実る新鮮な果物や野菜等が挙げられます。

しかし、今食べられているスペイン料理は 元々現地で作られていたものではなく、
様々な国の文化からの影響を受けて 形成されたものなのです。
フェニキア人はソースを、ギリシャ人はスペインにオリーブオイルの素晴らしさを、
ローマ人、カルタゴ人、ユダヤ人の調理要素をスペイン料理へ溶け込ませました。

中でもスペイン料理に最も強い影響を与えたのは、何世紀もの間スペインを統治していたムーア人です。
彼らは、イベリア式料理にフルーツと淡々とした味付や、肉や魚にフルーツやナッツを組み合せる方法を紹介しました。さらに本場スペイン料理の要である米や、サフラン、シナモン、ナツメグの使用もムーア人からの文化なのです。
現在のスペイン料理に数々の米料理があることから、彼らが与えた影響は計り知れず、
もし沢山の文化介入が一つでも欠けていたら、現在私たちの食欲をそそる「スペイン料理」は存在せず、
全く違う食べ物になっていたかもしれませんね。

 

スペイン料理の業態セグメント


業態セグメントとは、言葉を分けると下記にようになります。

業態…商売業や外食産業等の商業で使われる言葉で、
   飲食界で使われる「業態」とは、フランス料理・イタリア料理・和食…
   といった、所謂ジャンルのようなものを指します。
セグメント…全体をいくつかに分けたうちの区分のことを指します。

ということで、 現代の外食産業で「スペイン料理」と呼ばれる業態を、
今から細かく分けてみましょう。

【スペインバル】
本国スペインでの「バル」は喫茶店・居酒屋・食堂・コンビニがひとつになった
地元の人にはかけがえのない憩いの場、よもや第二の我が家と言っても過言でないものとなっています。
一方、日本でいうスペインバルはタパスという小皿料理やピンチョスというタパスよりもさらに小さく、一口で食べられる料理をビールやワインで楽しむ、スペイン式居酒屋を指す事が多いです。

【スペインレストラン】
バルと高級スペイン料理の間となるお店のことを指しますが、
基本的には料理の内容はバルに近いものがあり、タパスやピンチョスのほかに
パエリヤや地方の郷土料理も出します。

【高級スペインレストラン】
日本での高級スペインレストランは郷土料理とは異なり、
味覚だけではなく、視覚でも楽しめるような見た目も美しい上品な
モダンスパニッシュのお店を指すことが多いです。


以上が、スペイン料理の業態セグメントなりますが
ルーキーズでは、スペイン料理の他にも様々な業態の豆知識を公開しておりますので、
ご興味のある方は是非ご覧になってください。

知ってトクする豆知識〜フランス料理の世界〜 を読みたい方はコチラ
知ってトクする豆知識〜イタリア料理の世界〜 を読みたい方はコチラ
知ってトクする豆知識〜和食の世界〜 を読みたい方はコチラ

また、ルーキーズではスペイン料理の求人情報を多数取り扱っており、
面接対策も含め履歴書の書き方まで、あなたを完全サポートいたします!

あなたにあった就活方法や求人をご紹介・ご相談にのりますので、
お気軽にご相談ください!


就活相談・お問い合わせ先
0120-313-704

求人検索

特集

説明会開催のお知らせ

特集

説明会開催のお知らせ

求人検索